薬剤師 単発派遣

現在、薬剤師の方の中で単発派遣という働き方が注目を集めています。当サイトでは薬剤師単発派遣に関する求人情報や薬剤師単発派遣求人が見つかるおすすめの求人サイトをご紹介しています。

年収アップを目指して転職

転職により大幅に年収アップした事例もあります

薬剤師として同じ薬局で働きながら、大幅な年収アップを期待するのは難しいと思います。

昇給ペースは職場によって異なりますが、長年働き続けて順調に昇給する時代でもありませんよね。

むしろ業績低下によって給与が下がったり、ボーナスカットで年収が下がる可能性もあります。

私が勤めていた会社にも急なボーナスカットがありましたし、一般企業は唐突な収入ダウンも珍しくありません。

そう考えると薬剤師業界はまだ恵まれているかもしれませんが、今後どうなるかは分かりません。

6年制の薬科大学・薬学部を卒業した薬剤師の存在や登録販売者制度など、薬剤師を取り巻く環境は大きく変化していますから、同じ職場で働き続けても順調に年収が増えるとは限らないのです。

そのような時代の中、薬剤師として大幅に年収アップするには着実なスキルを身に付け、キャリア形成することが大切ではないでしょうか。

そして積極的に高年収・好条件の薬剤師求人を探すことですね。

転職により年収400万が650万へアップした方もいますし、管理薬剤師として年収700万以上の調剤薬局へ転職した方もいますよ。

東京や大阪のような大都市は薬剤師求人も豊富ですが、地方の市町村の方が年収が良いケースもありますね。

20代~30代は上京して製薬会社へ就職し、40代でUターンして調剤薬局へ転職した結果、年収が増えた方もいます。

もちろん、まずは今あなたが住んでいるエリアで高年収の薬剤師求人を探して下さいね。

薬剤師として年収を上げるには?

現在正社員で働いている方も多いと思いますが、勤務時間と賃金のバランスによっては、契約社員や派遣社員の方が稼げるかもしれません。

同じ正社員でも、管理薬剤師として薬局やドラッグストアへ転職すれば、簡単に年収アップできるケースもありますし、学歴やキャリアによっては製薬会社の研究開発職へ転職できる可能性もありますよ。

純粋な薬剤師業務とは離れますが、MR(Medical Representatives)へ転職して結果を残せば、年収1,000万以上も現実的ですね。

もしあなたに営業職への適性があれば、製薬会社のMRも選択肢に入れると良いでしょう。

ポイントは薬剤師紹介会社を積極的に利用することです。

薬剤師紹介会社には高年収の募集も含まれていますし、非公開求人の紹介を受けられるのも大きいですね。

非公開求人とは、登録社限定で紹介を受けられる求人案件です。

往々にして好条件・高年収の求人が多いと言われていますので、まずは薬剤師紹介会社への無料登録から初めてみて下さいね。

その際は年収600万、年収800万など、具体的な金額までイメージする方が良いと思います。その方が紹介会社の担当者に希望を伝えられますし、条件に近い薬剤師求人を探してもらえますよ。