薬剤師 単発派遣

現在、薬剤師の方の中で単発派遣という働き方が注目を集めています。当サイトでは薬剤師単発派遣に関する求人情報や薬剤師単発派遣求人が見つかるおすすめの求人サイトをご紹介しています。

ダブルワークする時の注意点

ダブルワークする際の注意点について

ダブルワークする際の注意点として、まずは今働いている調剤薬局やドラッグストアの副業禁止規定を確認して下さい。

職場に備え付けられている就業規則に書かれていますが、他の薬剤師や登録販売者、アルバイトスタッフの前で確認しづらい場合は管理薬剤師に聞くと良いですね。

なかなか聞きづらいかもしれませんが、その職場がダブルワークを認めていなければ、後々面倒なことになるかもしれません。それだけで解雇になるケースは少ないと思いますが、気持ちよく働くためにもダブルワーク可能かどうか聞いてみましょう

その後に副業できると分かれば、実際にダブルワーク可の薬剤師求人を探すことになりますね。

人材紹介サービスや派遣会社を利用することで、ダブルワークでもOKな薬局求人を見つけやすくなります。そして薬剤師のアルバイトやパート、派遣は採用率も高いと思いますので、比較的早期に2つの職場で働けるのではないでしょうか。

ただし気を付けなければならないのは、掛け持ち勤務が体力的に可能かどうかです。

「自分は若いから大丈夫」と思っても、薬剤師の仕事は集中力と判断力が必要ですよね。立ち仕事の時間も長いと思いますし、夕方まで薬局で働いて、深夜に24時間営業のドラッグストアで働く…といったサイクルを続けていると無理が生じます。

「睡眠時間を削って働けばいいか…」と思っても、疲労が蓄積した結果、ある日突然起きれなくなったというケースもあるんですよね。

そうなれば、メインで働いている職場にも迷惑を掛けることになりますし、薬剤師の人数が少ない薬局の場合、一人が休むと全体のシフトに大きく影響することもあるでしょう。

また、薬剤師の仕事自体、患者さんの命に関わっていますので、体力的に余裕を持って働けるかどうかを考えるようにして下さいね。

たとえばメインの職場が休日の日にダブルワークで短時間働く、という形なら疲れを溜めずに働けるかもしれません。

あとはご存知の通り管理薬剤師はダブルワーク出来ませんので、その辺りも気を付けて下さい。

その他注意点については、薬剤師紹介会社のコンサルタントに聞いてみると良いでしょう。