薬剤師 単発派遣

現在、薬剤師の方の中で単発派遣という働き方が注目を集めています。当サイトでは薬剤師単発派遣に関する求人情報や薬剤師単発派遣求人が見つかるおすすめの求人サイトをご紹介しています。

産休・育休制度がある職場へ転職するには?

産前産後休暇・育児休暇について

薬剤師の仕事と家庭・育児の両立を考える際、産休・育休休暇制度ありの職場への転職を考えることもあるでしょう。

産休制度は正式には産前産後休暇と言います。労働基準法で定められている制度ですね。出産前の42日間、出産後の56日間、休暇を取ることが出来ます。

育児休暇は育児介護休業法に定められている制度で、子供が満1歳になるまで休暇を取ることが出来ます。

尚、本人の希望があり、医師が復職に問題ないと判断すれば、産後の休暇を取らずに薬剤師として復職することも可能です。

産休・育休期間の賃金(給料)に関しては職場の方針次第となっています。一定額の給与を支払っている病院、調剤薬局、ドラッグストアもあれば、そのような保障がない職場もありますね。

国から出産手当金、育児休業給付金が支給されることもありますが、一定の条件をクリアする必要があるようです。

産休育休を取りやすい職場へ転職しましょう

産休育休の取得自体は法律的に認められていますが、それでも職場の雰囲気によっては取得しづらいと思います。

特に周囲に産休取得者がいない、育休を取得している薬剤師がいない、そのような調剤薬局やドラッグストアでは、なかなか自分だけ制度を利用するとは言いづらいですよね。

法律で定められていても、薬局経営者やドラッグストアの本部の方針によっては、極力育休・産休を取らせないような対策を行っていることもあるのではないでしょうか。

また、産休明け、育休明けに職場に居づらくなったり、周囲との人間関係がギクシャクすることも現実にあるんですよね。

正社員として長く働いている人間は、往々にして職場の方針に染まっていきますし、その結果産休や育休制度の存在に触れていない、就業規則に明記されていても現実的に機能していないこともあります。

その場合、まずは産休・育児休暇制度ありの職場へ転職を考えて下さい。

薬剤師紹介会社を利用することにより、「その薬局が育休・産休取得の実績があるかどうか?」が分かりますよ。履歴書・職務経歴書を作成する前に、そのような情報を知ることで、入職後のミスマッチも防ぎやすくなると思います。

もし求人票に産休・育休に関する記載が無い場合でも、薬剤師紹介会社のコンサルタントに相談することにより、あなたの代わりに確認してくれることでしょう。

紹介会社は無料で利用できますので、ぜひ積極的に活用して下さいね。