薬剤師 単発派遣

現在、薬剤師の方の中で単発派遣という働き方が注目を集めています。当サイトでは薬剤師単発派遣に関する求人情報や薬剤師単発派遣求人が見つかるおすすめの求人サイトをご紹介しています。

時短勤務可能な職場へ薬剤師として転職する

時短勤務可能かどうかは職場次第?

仕事と育児の両立を考える際、時短勤務可能な職場へ転職する、という選択肢がありますね。

時短勤務とは、育児休業からの復帰で短時間勤務することです。原則1日6時間の勤務となっていますね。3歳未満の子供を育てている場合に利用できる制度で、立場的には正社員になります。

時短勤務を利用できるかどうかは、その職場の雰囲気、育児への理解、仕事内容・役割にもよりますね。

育休産休に関しては、法律的に定められていると思いますが、現状は調剤薬局やドラッグストア、病院の方針に左右されるのではないでしょうか。

有給休暇や残業もそうですが、法的に認められている制度でも、周囲に利用している薬剤師がいなければ、なかなか使いにくいのが現状です。

それは一般的な企業でも変わりませんが、薬剤師は福利厚生面が充実していることが多いので、時短勤務で働きやすいと言えるでしょう。

育児への理解が深い職場で働きましょう

もし現在、子供を育てながら正社員として働くことが難しい、せめて子供が幼稚園に入るまでは短時間で働きたい…そのような悩みを抱えている場合は、ぜひ薬剤師紹介会社のコンサルタントに相談されてみて下さい。

あなたの現状と希望をリスニングした上で、適切な求人を探してもらえると思いますし、その結果、時短勤務可能な職場へ転職できるかもしれませんよ。

中には薬剤師の仕事から一旦離れ、育児に集中する方もいますが、その場合はどうしてもブランクが空いてしまうんですよね…。

ブランクが空いても復職しやすいという特徴はありますが、それでも復帰した後に仕事の勘を取り戻すまで時間がかかるでしょうし、少しでも薬剤師として調剤薬局やドラッグストアで働きたい、短時間でも病院薬剤師として働きたい、そう希望される方も多いのではないでしょうか。

育児と仕事の両立には周囲の協力が必要になります。

時短勤務可能な職場への転職は、そのような協力体制の一つと考えられますし、積極的に求人探しから初めてみて下さいね。