薬剤師 単発派遣

現在、薬剤師の方の中で単発派遣という働き方が注目を集めています。当サイトでは薬剤師単発派遣に関する求人情報や薬剤師単発派遣求人が見つかるおすすめの求人サイトをご紹介しています。

薬剤師 子育てと仕事の両立

子育てと仕事の両立について

薬剤師の仕事は一生続けられる仕事、とよく言われます。

事実、知り合いの薬剤師さんは途中で独立・開業されて60歳を過ぎても仕事をされており、非常にお元気に毎日過ごされています。

やっぱり日々仕事がある事はとてもやり甲斐に繋がるし、元気の源、と仰っておられます。
お客さんと話し、健康に寄与できる仕事が楽しいそうです。

とはいえ、それはまだ先の話、という方は多いでしょう。

結婚、出産のタイミングで退職したり、休職される薬剤師さんが多いと思いますが、悩むのは復職のタイミングだと言います。

復職したい理由は人それぞれ、となりますが主には、

「家計のサポート」

が目的で復職をお考えになる方が多いようです。

出産費用も高いですからね、そこから既に計画的にお金を貯めて、使う事が必要になっているともいえます。

特に東京、大阪といった都市部にお住まいのご家庭は、家賃も高いですし例えば一戸建てやマンションを購入したとなると住宅ローンも支払う必要があります。
固定費が一旦増えると、支払いが大変です。

もちろん地方にお住まいであっても同様です。
ご主人のお給料だけでは生活は苦しい、もう少し余裕が欲しい、というご家庭は多いでしょう。

薬剤師であれば復職しやすいですから、奥様のお給料も見込んで生活設計されるご家庭も多いのでは、と思います。

子供が成長するに従って出費も増えますしね。
専業主婦で過ごしたい!と考えている方は、今は少ないのではないでしょうか。

特に薬剤師はパート、アルバイト、派遣など多様な働き方が可能です。
週に1回、土日のみ勤務、午前中だけ働く、短期・単発など他の職種では難しいような条件でも求人を見つける事が出来るでしょう。

ママ薬剤師、子育てと仕事を両立しやすい働き方

ママさん薬剤師が子育てと仕事を両立させやすい職場選びのポイントをまとめてみました。

調べてみると、以下のような条件で薬剤師求人をお探しになる薬剤師さんが多いようです。

【自宅から近い職場】

やはり育児を中心に考えると自宅から職場が近い方が何かと便利です。
託児される方は、保育所や託児所にも近い方が安心です。

子供が小さい間は、急に発熱したり、嘔吐、発疹が出たりなど体調が悪くなり、帰宅したりお迎えに行かなければならない事も多いです。

その時遠方の職場に勤めていると戻るのも大変ですし、その間の体調も心配です。

自転車で10分など、近場の薬局、ドラッグストアなどで働く事が出来れば、何かあったときにも安心です。

【育児に理解のある職場を選ぶ】

育児に理解のある職場、理解の少ない職場。
どちらもあります。

出来れば、薬剤師紹介会社を利用して「育児に理解のある職場」を選ぶ事をおすすめします。
急な早退、お休みなど取りやすさで違いが出てきます。

子育てを経験された主婦薬剤師、または今まさに同じように育児中のママ薬剤師がいると、育児の大変さを経験していますから、何かあったときにフォローしてくれる雰囲気ができあがっていますので働きやすいです。

【残業無し、少ない職場】

完全に残業無しの職場は少ないかもしれませんが、ほとんど無い職場は思ったよりも多く見つかると思います。

残業が不定期に長くあると、生活リズムも崩れますし、短時間勤務希望の方は、お子さんのお迎え時間に間に合わなくて困る事もあるかもしれません。

夕方まで働く方は、夕食の準備が出来なくてストレス・・・と言ったことにも繋がりますから、育児と家庭、仕事の両立を目指す場合には、残業無しか少ない職場を選ぶ事が大切かなと思います。

【託児所あり薬剤師求人を探す】

お子さんを保育所や託児所に預けて働きたい、という方もいるでしょう。

まだ数は少ないですが、徐々に保育所と提携したり、自社企業で託児所を運営したりといった調剤薬局、ドラッグストアなども増えています。

病院であれば、スタッフも利用できる院内託児所などがある場合もあります。w

待機児童の問題もありますから、託児所の利用を希望される薬剤師さんは、病院薬剤師の求人を優先的に探されると良いかもしれません。

こうした条件で、育児と家庭、薬剤師の仕事を両立させやすい職場探しをする際には、以下の薬剤師求人サイトが活躍してくれるでしょう。

希望の曜日だけ、週に2,3日だけ、短時間勤務などを希望の場合、派遣、パート、アルバイトとして働きたいと言うことになると思います。

その場合には、

が便利でしょう。

薬剤師として家庭、仕事を両立して働きたい方は、上記のような薬剤師求人サイトをぜひ活用してみてください。