薬剤師 単発派遣

現在、薬剤師の方の中で単発派遣という働き方が注目を集めています。当サイトでは薬剤師単発派遣に関する求人情報や薬剤師単発派遣求人が見つかるおすすめの求人サイトをご紹介しています。

扶養範囲内の薬剤師求人を見つけるには

薬剤師として扶養の範囲内で働く

薬剤師として資格を持つ方の多くは女性です。

結婚、出産のタイミングで退職し、子供の手が離れてきたらパート、アルバイトとして復職する、という方はとても多いです。

正社員として復職される方もいらっしゃいますが、やはり子供が小さい時期はまだまだ手が掛かりますし、急な発熱で病院に行かなければならない事もあります。
正社員だと時間的に融通が利かせにくいですから、パートやアルバイトといった働き方で、家事・育児と薬剤師の仕事の両立を目指す方は多いですよね。

その時の働き方として、

という考え方があるでしょう。

ここでは、扶養範囲内で働きたい主婦薬剤師、ママさん薬剤師の方に向けた情報をまとめています。

扶養範囲内での薬剤師求人が見つかりやすい求人サイトに関しても、後ほどご紹介いたします。

簡単にまとめると、扶養内で働きたい場合、どこまで税金を払わずに働くかを最初に考える必要があります。

扶養範囲内で働く際の税金

考える税金は3つです。

住民税
年収100万以下(通勤手当は含みません)までは課税されません。
所得税
年収103万以下(通勤手当は含みません)までは課税されません。
社会保険
年収130万未満(通勤手当・失業給付金なども含みます)までは夫の健康保険の「被扶養者」になります。ですから、自身で保険料を負担する必要はありません。

扶養範囲内で働きたい場合、どこの金額まででおさめるかがとても重要です!

後半は自分がいくら稼いだか、給料をしっかりチェックする事が必要になってきます。
忙しいから!と頼まれてシフトを少し増やしたら、103万円を超えちゃった・・・130万円を少しだけ超えてしまった・・・

という可能性もあります。
ほんの少しだけ超えるなら、ガッツリ超えた方が良いという考え方もあります。

住民税は100万円を超えても、かかる税金としては数千円だと思いますから、それほど負担は大きくないですから、あまり気にしなくても良いでしょう。

しかし、103万円を超えると所得税、住民税を支払う必要があり、負担は大きくなります。

個人的には130万まで働くと手取りが増えますから、そこまでは働いても良いのかなと思います。
130万円を超えると、自分自身で社会保険に加入しなければなりませんから、手取りが一気に減ります。

103万以下で働くか、130万以下で働くか、どちらにするかはご家庭での話し合いとなるかなと思います。

扶養範囲内の薬剤師求人 おすすめサイト

では実際、扶養範囲内の薬剤師求人を探してみましょう、と言うことになりますが、

「扶養範囲内で働きたいけれど、働き方がよく分からない」

「扶養内で働ける求人を探してみたけど、あまり見つけられなかった」

という方も多いと思います。

その場合には、扶養範囲内での薬剤師求人の紹介にも対応してくれている薬剤師紹介会社や薬剤師派遣会社を利用される事をおすすめします。

特に、午前中のみ・週2~3日などの扶養枠内で働ける【扶養内パート】の求人特集ページも開設している、

は求人数も多く、便利かと思います。

全国の薬剤師求人に対応していますし、手厚いサポートも高い評価を得ています。

も扶養範囲内で働きたい際にはおすすめです。

実際に家事、育児と仕事を両立している方も多く利用していますから、安心して求人探しが出来るのではないでしょうか。