薬剤師 単発派遣

現在、薬剤師の方の中で単発派遣という働き方が注目を集めています。当サイトでは薬剤師単発派遣に関する求人情報や薬剤師単発派遣求人が見つかるおすすめの求人サイトをご紹介しています。

残業無し調剤薬局などの薬剤師求人

できるだけ残業が少ない・残業無しの職場は?

残業無しの薬剤師求人をテーマにお伝えしますね。

短期派遣、単発スポット派遣で働く場合、正社員より残業せずに帰宅できるケースが多いです。と言うのも派遣元と労働契約を結び、そこから派遣されて働くため、調剤薬局やドラッグストア、病院のような派遣先としては、無理に残業させられないんですよね。

私も派遣で働いていましたが、残業なし、残業ほぼ無しで働くことが出来ました。

当時は時間的にも余裕がありましたので、「どうしても残業して欲しい」と言われた時は受けていましたが、その場合もしっかり残業代が発生していましたね。サービス残業ではありませんでした。

そんな残業なしの職場で多いのは調剤薬局病院です。

総合病院の門前薬局、大手チェーンの薬局(ドラッグストア)、病院薬剤師に関しては、残業なしで働けるケースが多いですよ。どの職場も「残業なし」ではありませんが、求人項目に残業なしと記載されている募集を中心に探してみて下さい。

その際は薬剤師求人が豊富な人材紹介会社を利用すると良いですね。

単発スポット派遣で働くには一定の条件がありますから注意が必要です。また、単発・スポットでの仕事は案件自体が少ないですから、なかなか希望通りに仕事が見つからない可能性もあります。

週に1回、1ヶ月に1回と少ない勤務日数であっても、ある程度の期間働けそうであればバイトなどで探してみると良いかもしれません。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師はバイト、パートの求人も充実しています。こうした薬剤師紹介会社には求人案件が豊富に揃っていますので、残業なしで働ける調剤薬局や病院、ドラッグストアの募集が見つかる可能性が高いですね。

製薬会社や治験企業は「残業あり」の場合が多い

尚、製薬企業や治験企業の求人に関しては、基本的に残業があります。一般企業は残業込みで考えていることが多く、それよりも調剤薬局の方が早上がりで帰宅できるかなと思います。

育児中のママさん薬剤師、介護中の薬剤師さんにとっては、時間を切り詰めて働く必要がありますね。給与や時給条件よりも、定時で帰宅できるかどうか、就業時間通りに働けるかどうかが大切ではないでしょうか。

就業規則で労働時間が定められていても、周囲の薬剤師、管理薬剤師が遅くまで残業していれば、自分一人帰れる雰囲気にはなりません。そのため、まずは人材紹介会社の担当者に相談して、「残業なし」の求人募集を探してみて下さいね。