シングルマザー 薬剤師求人

ママ薬剤師 働きやすい職場

ママ薬剤師 働きやすい職場

他の職業と比較して、ママさん薬剤師は復職しやすい状況にありますね。託児所も利用しやすいのではないでしょうか。

シングルマザーの薬剤師仕事探し

シングルマザーとして子供を育てながら薬剤師として働く、そんな選択をされる女性もいらっしゃいますね。

結婚した3組に1組が離婚する時代ですから、シングルマザーの薬剤師さんも珍しくありません。

別れた旦那さんから養育費を貰っていれば別かもしれませんが、それでも主婦として薬剤師パートを始める方よりも、高収入が必要になるでしょう。

子育てには何かとお金が掛かりますし、その金額は子供が進学するたび高くなるのではないでしょうか。

私の両親も幼い頃に離婚していますが、常に貧しい生活でしたね。

結局、母親ひとりでは私を育てることが出来ず、親権放棄して親戚の家の養子になりました。

父親も離婚当時、無職だったので養育費を期待できませんでしたし、母親の安いパート時給では厳しかったのでしょう。

もし安定的な職業で、毎月しっかりとした稼ぎがあれば、シングルマザーでも余裕を持って子育てが出来たかもしれません

そのような家庭は非常に多いと思いますが、薬剤師資格をお持ちのあなたなら、充分に育児と仕事を両立できるのではないでしょうか?

薬剤師は高収入で働きやすいですね

薬剤師の仕事は高収入を期待できますし、パートで時給3,000円以上、派遣で時給4,000円以上も現実的です。

子供に寂しい思いをさせてしまうかもしれませんが、それでも小さな子供は母親が大好きですし、少しでも一緒に時間を過ごし、愛情をたっぷり注いであげれば、きっと良い子に育ちますよ。

そのためにも、高時給、高収入の薬剤師求人を探したいところですね。

育児しながら正社員として薬局や病院に勤務する、という選択肢もありますが、その場合は24時間利用できる託児所が院内にあったり、近くの保育所を利用できるかどうか? がポイントになるでしょう。

常勤で正社員として働けば、どうしても朝から晩まで長時間働くことになりますし、残業が多い調剤薬局(漢方薬局)もありますよね。

子供が病気になっても急に休めなかったり、遅刻すれば周囲から白い目で見られることもあります。

結果的に居づらくなって退職…というケースも実際にあるんですよね。

各種条件が整えば正社員も可能ですが、一般的に育児しながら薬剤師として働くなら、時間の自由が利きやすい派遣やパートが現実的と思われます。

今は非常勤の薬剤師求人を取り扱う紹介会社・派遣会社もありますので、そのようなサービスを利用しながら、育児と仕事の両立を考えて下さい。